アトランティスからの学び

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

いま地球人は、地球規模でのシフトチェンジ・進化の時を迎えております。

今までの概念に固執することなく“変革する” という選択を改めてしなければなりません。
ホントにこのままで良いのか? どう変わりたいのか? どう変わるとより良いのか?を真剣に考えなければなりません。

コロナウイルス、天変地異、温暖化、災害諸々は、自然の流れだけではこうはなりません。人間の意識・想念が大きく関与していることを覚えておいてください。

2019年1月20日の皆既月食の様子。左に見える白い光の点が、隕石が月に衝突した地点を示している。(PHOTOGRAPH BY CHRISTIAN FRÖSCHLIN)

例えば、一人の“恐れ”の過度な想念は、さほどに影響が無いと思われますが、一人が二人、三人、四人、“恐れ”の過度な想念が集まり集団となると、未曾有な事件や事故を過度に引き起こします。
あとで、あれは偶発の事故だったんだよ!と言い訳に終始する時がありませんように。

記憶に無い方も多いようですが、
あのアトランティスの終盤期、今のように地球規模のシフトチェンジ・飛躍的な変容の大チャンスの時、これまで作り上げてきた固定概念が崩れることを恐れた者たちの集団意識が、大気を不安定にし、太陽は雲に覆われ天候は不順となり、それまで経験したことの無いネガティブな現実を引き起こし、多くの者たちは命を落としました。ほんの少し生き残った者は命からがら転地し、次元移動出来た者は移動したのです。

これらの出来事も、考えによっては、次の周期へ移行するための最善の出来事とも言えましょうが、、、

全く新しい概念へのシフトには、先ず今までの固定概念を超えるための一見ネガティブとも思える出来事が少なからず続きます。そして、心も身体も固定概念を超えるための混沌期(準備期)に入ります。ここ数年はもうそんな感じですね。

その期間、自分の内側に入り、変わることを選択して肚を括るのです。

ドラえもんの次元移動

全く前の見えない出来事が 次から次へと起こりながら超えていくのです。
あのドラえもんの次元移動の時のように、、、あれはさほどに怖く無いかしらね(笑)

前も 後ろも 右も 左も 全てが恐れを抱くような真っ暗な混沌空間を通り抜けて、こうなりたい!と意図した『愛と調和の現実世界』へと辿り着くのです。

コツは、「こうなりたい!」としっかりと意図を持ち、恐れを出し過ぎず己を信じて、自分の内側から見える一条の光明へ真っ直ぐに進むだけです。

アトランティスとの統合ワーク』無料のイベントを行っております。もしよろしければお受け取り下さい。
お役に立てましたら幸甚でございます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る