電磁波とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

私は、電磁波対策のものをよく買うんです。
っていうお話をさせて頂くと、

聞いてる向こう側から「そもそも電磁波って?!」
っていうエネルギーが飛んでくる気がするので、
φ(..)メモメモも含めて…

電磁波

電磁波(でんじは electromagnetic wave)は、空間電場磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射electromagnetic radiation)とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。

電磁波は波であるので、散乱屈折反射、また回折干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。このことは特に観測技術で利用されている。

微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

 

ひと言でいうのは難しいですが、

例えば、金属内で起こる電子(荷電粒子)の動きから生じる波

とか理解して頂くと分かり易いかしら!?

この粒子や波が、私たち生命体固有の記憶や培ってきたものの境目、内部に容赦なくぶつかってきたり、通過するのです。

波には、ぶつかるっていう意図は無いと思いますが、、、

合ってるかしら?

この言語の使い方で!?って思いながら書いていますよぉ(笑) 

私たち生命体は、
宇宙や星団、恒星、惑星、地球、鉱物、大型動物~小動物、藻類、原生動物…などなど
すべてから発せられる固有の量子(情報)の波をやり取りして情報交換をしています。

この固有の波は時間や距離などの影響をさほどに受けないのですが、、、

語弊がある、ウソウソ 
時空間内で歪みますものね(;^ω^)

地球暮らしで著しく影響があるのは、X線・ガンマ線などの電離放射線、レンジなどから出るマイクロ波、家庭で使われている何とかHz(ヘルツ)とかいう低周波などなど。

これらが、生命体や器官、細胞、水、分子や量子にアタックしたり侵入すると、傷付いたり誤作動を起こす原因になります。

新しいものが生まれるメカニズムも、この誤作動だったりしますけどね。

私たち人間は、約274種類だったかの細胞が放つ54,000の周波数からなる集合体でもあります。

人間は、それらを統括する繊細な統括管理者・指揮官のようなものです。

このボディ、大事に扱わないとカルマや輪廻の情報パターンから解放されて目覚めた魂であっても、多大な影響を受けて誤作動起こしかねない地上に益々なってきております。

2019年の春分が開いてきておりますので、書いてみました。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る