マンガ版ツァラトゥストラはかく語りき第1章 神は死んだ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2109年01月19日 スターシードの呪縛からの開放???
2109年01月20日 昨日の続き「神は死んだ!」 の続き
マンガ版『ツァラトゥストラはかく語りき』を書き残すことに…

サッカーに大好き、将来サッカー選手を夢見ている少年カツキが
謎の老人ツァラトゥストラのやり取りから成長していくマンガ!

第1章 - 神は死んだ -
カツキ5年生。サッカーの試合から始まる。
チームの仲間:ちぇーとられたーっ  速ーよな アイツ
カツキ:お前らなに笑ってるんだよっ ちゃんと走って止めろよっ
チームの仲間:なんだよ カツキちゃんと走ってるっての
そーだよ あいつが速すぎるのっ
カツキ:ふざけんなっ マジメにやれっ!
カツキの心の声:くそっ アイツら…なんで真剣にやんないんだよぉっ
強くなりたい 誰よりも強くなりたい!! 

・・・中略。

謎の老人ツァラトゥストラが突然現れ
君には素質がある。 これからも頑張りなさい。

・・・中略。

カツキは、謎の老人ツァラトゥストラのお家に…
カツキ:オレ プロのサッカー選手になれますか?!
謎の老人ツァラトゥストラ:…なんだ それは?
カツキ:へ? だっておじさん オレのこと 素質あるって…
謎の老人ツァラトゥストラ:それより君は よくあの教会へ行くのか?
カツキ:だーって いままで神様に「チームのやつらをやる気にさせて下さい」って100回以上頼んだのにぜーんぜん聞いてくれないしさっ
謎の老人ツァラトゥストラ:はははっははははー
残念だが あと千回 一万回祈っても 君の願いはかなわんだろう
神は死んだ
神はもう死んだ…とうの昔に
だから いくら祈っても なにも返ってはこない。
カツキ:まさかっ そんなことないよっ!
謎の老人ツァラトゥストラ:ならば教えてやろう
これをかけてみなさい。
と言って、サツキに3Dメガネのようなものを渡す。

・・・中略。

生き物の世界は弱肉強食だ。
弱い者は強い者に食われる!
しかし 強い者にもまた同族間の争いがある!
強い個体は弱い個体に勝ち
競争に負けた個体は餌場を失い死んでいく―

謎の老人ツァラトゥストラ:それが全ての生き物の常識だ!!
それは人間とて例外ではない。

紀元前586年 中東にあったユダ王国という国が
巨大なバビロニア王国に占領された。
首都エルサレムの町や神殿は破壊され
王も市民も奴隷として首都バビロンへと連れ去られた。
国中の人たちが奴隷に…
※ バビロン=現在のバクダッドの南方90㎞の地点。
連れ去られた人々は奴隷として過酷な労働に駆り出された。
さあ!さっさと働けっ奴隷ども!
動けないのなら今すぐに死ねっ!
なぜ我々がこんな目に遭わねばならんのだっ
ちくしょうっバビロニアの奴ら 絶対許さんっ!
でも…俺たちには奴らを倒す力なんて…ない…
なあ…もしかしたら…神様が助けてくれるんじゃないか…?
あぁ…聞いたことがある!
数百年前にモーセがシナイ山で神様と契約を結んだって
そうか…!我々には神との契約があるっ!!
この世を作った唯一絶対の神が救世主を使わし
我々ユダヤの民だけを救ってくれるはずだ!
そうだっ救世主がきっと来る!
みんなで祈りましょ!
神様に私たちの声が届くように!!
我らの神に!!

謎の老人ツァラトゥストラ:これが『神』が生まれた瞬間だ。
生まれたんだよ『神』は―彼らの心の中に!!
カツキ:人間が作ったの?!
謎の老人ツァラトゥストラ:そうだ 『神』とは虐げられた人間が救いを求めて― 

自らの心の中に創り出した幻想だったのだ。
苦難の中で生み出された“神”
今に見てろっ 神は我らに救世主をつかわし
貴様らを必ず倒してくれる!!
そして ついに…救世主が現れたのだ!!
ところが…救世主イエスは強くて悪い支配者を倒してはくれなかった。
それどころかとんでもないことを言い出したのだ!
汝の敵を愛せよ!
弱き者は幸いなり
貧しき者は幸いなり
病める者は幸いなり
なぜなら天国は彼らのものだから
弱くても神を信じていれば 死んだあとに天国に行ける。
強くても威張っていると奴らは地獄へ落ちる。
その教えは救世主が権力者に殺されたあとも
「弱き者」たちの間に広まり続けた。

そして―救世主の死から360年後
とうとうローマ帝国の皇帝までがキリスト教徒になり
キリスト教はローマ帝国の国教になった。
※ 古代ローマ帝国テオドシウス1世とか
事実上ヨーロッパ全土がキリスト教の国になったわけだ
やがてヨーロッパ人が世界進出し
南米など行く先々でキリスト教を広めた結果…
ついにキリスト教は「世界宗教」となったのだ!

カツキ:ほらっ!やっぱりキリスト教って凄いんだねっ!!
謎の老人ツァラトゥストラ:…なにかおかしいとは思わんか?
ギロッ!
生きものの世界は弱肉強食で成り立っていたのではないか?
人間だって生き物だぞ?
カツキ:あっ ほら!
人間はほかの生き物とは違うんだよ!
「汝の敵を愛せよ」だもん!!
謎の老人ツァラトゥストラ:ほう…でじゃサッカーではどうなる? 

カツキ:サッカー?
俺の敵を愛す…ってこと?
カツキの心の声:ボール コロコロ…
どうぞ どうぞ ボール どーぞ譲ります
いえ そちらこそ どーぞ
カツキ:そんなのサッカーじゃないじゃんっ!
謎の老人ツァラトゥストラ:サッカーは真剣勝負して強い方が勝つもの!
弱い者が強い者に食われ死んでいく
強い者が弱い者を倒して勝ち進む
それが世の摂理ならば…
「汝の敵を愛せよ」…とは?
神様がウソを言ったのか?
カツキ:そ…そんなこと言ったらママに叱られるよっ
神様はウソなんか言わないと思うっ!
謎の老人ツァラトゥストラ:ではウソを言ったのは誰だ?
弱き者は救われ強き者は地獄に落ちる――と
カツキ:だからさっスポーツと人間の人生は違うんだよっ!
謎の老人ツァラトゥストラ:
そうかな? 

キリスト教がローマ国教になってから1300年以上が経ち
時代はイギリス産業革命
侵略した国の王は力の強さで 人間を奴隷として支配したが
労働者は者のようにこき使われたが
奴隷のように死ぬことはめっきり減って
時代が新しくなると資本家が経済力の強さで
人間を労働力として支配し始めた
人間は苦労や争いを避け
自分だけが幸せであれば良いと考えるようになった
一方で神の教えを伝える教会もまた金集めに必死になり
あげくに仲間割れを始め
どちらが「強い」のかを決める戦争まで起こした
貧しきものは犯罪に走るか野垂れ死に
それ以外の大多数の人間は己を守ることのみを考えて生きる。
もはや誰も神の教えを本気で信じちゃいない
いや 神様なんて初めからいないんだと人々は気づき…
こうして…

謎の老人ツァラトゥストラ:神は死んだ……のだ。
カツキ:そんなっ 神様がもともといなかったなんて…!!
謎の老人ツァラトゥストラ:うすうすわかってはいても
人間はついつい神を信じたくなってしまう
だから今も祈り続ける者は大勢いる
昔はもっと切実だった
「恨み」や「強者への憎しみ」の感情を
「ルサンチマン」というが――
古代の弱者たちはこの「ルサンチマン」をかかえ
自分たちこそ救われるべきだ!
と考えて 心の中に「神」を生み出した
強い奴らにはどうしても敵わない
一生弱いまま生きていくしかない
そうなったら あの世では神様が救ってくれるとでも
思わないと人間の心は持たなかったのさ
強い者にはどうしても敵わない…一生弱いまま…
どうかな?ぼうや
あと何百回祈っても望みは叶わんぞ
カツキ:神様のことはよくわかんないけど…
俺 サッカーで一生弱いなんてイヤだ!!
考えてみる!
祈るだけじゃなくて 俺が考えてみる!! 

…つづく

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る