すっかりと密度の変わった地球

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

地球は、昨今すっかりと第4密度(5次元)世界となり、地球に住む私たちもなんやかんやと変容を余儀なくされています。
新型コロナウイルス感染症もその流れの一つと言われています。
これを読まれている方の生活にも、何か変化変容がありましたでしょうか?

勝った負けた、勝っている劣ってる、劣を隠す優劣中心とした第3密度(3次元)世界と、宇宙の創造意識を具現化していく第4密度(5次元)の世界はハッキリクッキリ分かれて来ています。

私たちの住む天の川銀河や地球は、オリオン以来長きにわたり光と闇の歪みの世界を表現してきました。が、いま宇宙全体レベルで光と闇の修復と統合が加速的に進んできております。

そのため、3次元的な優劣の執着の中を生きる地球人世界でもカルマもより高度化していきます。より激しい現実世界が繰り広げられるようになるとも言えます。

そして、第4密度(5次元)の地球では宇宙の光の創造意識をもとに「愛と調和に満ちた世界を生きる」と選択してアセンションしていく魂も増えていきます。

優劣の比較や劣を隠すことが減ることで個性はより豊かに表現出来るようになります。其々の個性との違いを認め合うことで生まれる一人だけ秀でるゲームでは無い、愛と調和に満ちた集合的な意識をもつ銀河宇宙の世界観となってきています。

宇宙の光を地球に降ろす・繋げるライトワーカーさんもどんどん増えていき、第4密度(5次元)の地球は愛と調和に満ちた世界になっていきます。

そして、2050年あたりからは銀河連盟との交流も盛んとなり、その後、愛と調和に満ちた地球は銀河宇宙の一つとなっていきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る