昨日の続き「神は死んだ!」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

一昨日の続き…「スターシードの呪縛からの開放???
コヒーレントの呼吸をしながら、軽く目を瞑っていると、
身体のあちこちに今まで味わったことの無い痛みと開放が続く。
これは、また最近始まっているものと同様のもの。
こんなところにも滞りがあったんだぁ~過去に何があったのかしら?
そして、なにが解放されたのかしら?と思っていると、

神? 神のシルエットが映り、私の前まで現ると
私の前で死んだのです。エッ、神って死ぬの???
エェ~いやいや きっといまのは気のせいよ!
神が死ぬわけないわよ!
そんなわけあるわけないじゃないぃ~
と、ひとりツッコミ会話。 

あっ、そう言えば…
「神は死んだ!」のフレーズ、どこかで読んだ気がする…
どこだっけ?
あぁ~昔むかし読んだ「ツァラトゥストラはかく語りき」。
あぁ~あの難関中の難関だった本。
ドイツのニーチェ―の哲学本だぁ!
ガァ~~~ン あれをもう一度読むのぉ~~~!
若い頃に あまりの難しさに凹んだのよね。

ニーチェが当時ヨーロッパの没落を背景に書いた本なのですが、私が若い頃に読んだときには、もう難解すぎて…注釈を見ながら読んでも、分からず、同じところを何度も読んだ記憶が( ̄▽ ̄;)

主人公ツァラトゥストラが、神の死、超人、そして永劫回帰の思想へと…

えぇー
これをもう一度読むなんのぉー
って凹んでいると、
マンガ版を見つけたのです!(笑) 
早々に電子書籍購入。
パラパラと… 
読み進めていると、、、

こんどは、エェ~書くの、書き写すのぉーーー

書き写すらしい。

ガァ~ン…

…つづく
マンガ版ツァラトゥストラはかく語りき第1章 神は死んだ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る