真菰について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2、3年前に書いていた記事ですが、アップするのを忘れておりました💦


久々に、菌マニアの血が騒ぎだしております(;´∀`) それも時間が無いのに、、、

昨日まで八ヶ岳に行っておりました。そこでマコモ茶を生産する方にお逢いできました。

1578年(万暦6年)の中国で完成した『本草網目』に、『真菰は、五臓を利し、毒を消す』と記されています。

真菰は、健康維持に不要な過剰栄養や有害物質(重金属や化学物質など)を体外へ排泄するのを促進してくれるようです。

最近の研究では、オルトリン酸チロシン、クレアチニン、尿酸、尿酸窒素、アミロイドβ42ペプチド、アポリポ蛋白E、ドルーゼンのデトックスが確認されているそうです。  

※ アミロイドβ42ペプチド:凝集・蓄積するとアルツハイマー病が生じると考えられている物質。
※ ドルーゼン:加齢黄斑変性の前段階所見される網膜色素上皮細胞の下に溜まったカスの意。

RainbowGateで購入できる
発酵 真菰茶 150g 宮崎産(木製スプーン付き)

%e7%9c%9f%e8%8f%b00911

真菰の茎、生の成分 

エネルギー:21kcal 水分:93.5g タンパク質:1.3g 脂質:0.2g
炭水化物4.4g 灰分:0.6g
ナトリウム:3㎎ カリウム:240㎎ カルシウム:2㎎ マグネシウム:8㎎ リン:42㎎ 鉄:0.2㎎ 亜鉛:0.2㎎ 銅:0.02㎎ マンガン:0.25㎎
β-カロテン:15μg レチノール:1μg
ビタミンK:2μg ビタミンB1:0.04㎎ ビタミンB2:0.03㎎
ナイアシン:0.5㎎
ビタミンB6:0.08㎎
葉酸:43μg パントテン酸:025㎎
ビタミンC:6㎎

日本食品標準成分表2015年版(七訂)財団法人 日本食品分析センター

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る