古生代(約5.7億~約2.5億年前)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ここに記載する情報は、ものすごい忘れっぽい自分へのメモ書き用としてアップするものです。後ほどになり情報誤認があると判断した場合は、その度に修正します。


古生代(約5億7000万 – 約2億5000万年前)

5.5億年前:カンブリア爆発。500万年間に動物進化史上最大の爆発的増加。

リラ星人らが、多種多様な遺伝子を組み合わせた実験を繰り返していたため、非常に奇抜なものも出現し、今では見られない奇妙な形や色鮮やかなものが多く見られるました。現在では、絶滅種となったものも多いです。

5.3年前:地球にバルティカ大陸(大陸プレート)として出現。

5.24年前:最古の魚類(ミロクンミンギア)脊椎動物が出現。

5億年~4億年前:二酸化炭素の濃度は現代の20倍程度。

4.6億 ~4.3億年前:一時的な氷河期(アンデス~サハラ氷期)

4.3億年前:生物の大量絶滅(オルドビス紀末)

4.3億年前:オゾン層の形成と生物の陸上への進出。

海で生産された酸素は少しずつ大気中に放出され成層圏にまで達し、そして、その酸素は紫外線によって活性化されオゾン層を形成する。

オゾン層は生物にとって、とても有害な波長の短い紫外線を吸収し、有害な紫外線が地表まで届かなくなったことで、地球の生物が陸上で暮らす環境が整い、乾燥や重力を克服した植物、節足動物、脊椎動物も陸上に進出。

当時、植物の残物を腐敗分解する生物がまだ十分進化していなかったため、分解されず地中に埋もれ,熱と圧力により石炭に変化。 = 石炭。

4.2億前:植物の上陸。

4.19億年前:古代魚のエンテログナトゥス・プリモルディアリス出現。

最初の顔を持つ魚とも言われる現生の硬骨魚類、および人類などの陸生脊椎動物と同じ顎骨をもつ最も原始的な化石魚類。

4.1億年前:生物の進化は加速的に大繁栄。

細菌類は、生存に必要最小限の遺伝子しか持たなかったため、劇的な変化をすることなく現代に至っていますが、それに対して,真核生物は、細胞内にある核という器官に大量の遺伝子を貯蔵できるようなり、いま必要としない遺伝子までどんどん取り込み、進化の可能性の範囲を広げていきました。

カンブリア爆発で生まれた原始的脊椎動物である魚類は、当時の海で軟体動物ベレムナイト(イカの仲間)とともに海を支配するようになる。

4億年前 :両生類出現。脊椎動物の一群は上陸。

3.6億年前: 生物の大量絶滅(デボン紀後期)寒冷化と海洋無酸素事変の発生。

太陽系の火星と木星の間には太陽系第5惑星マルドゥクが存在。

ニビル星人(アヌンナキ)らは、このマルドゥク惑星でも独自の遺伝子実験をしていました。
マルドゥク惑星は、太陽系で最も物質密度の薄く高い次元の星でしたが、ある時期からカルマの引き付けが強くなり、争いの絶えない場になっていきました。やがて、核を使い始めたことで終焉に向かって歩んでいきました。

3.6億年前:脊椎動物(両生類)の上陸。

3.5億~2.5億年前:大規模な氷河時代(カルー氷期)。

3億年前:昆虫が拡大。ゴキブリや爬虫類の出現。

サハラ砂漠に直径約1.6kmもの巨大隕石が衝突して直径17kmにも及ぶクレーターができる。この時期、同時に爬虫類が出現。

2.8億年前:地球に哺乳類(脊索動物門、脊椎動物亜門)の先祖が出現。

2.59億年前:

再びシリウス人、オリオン人、アルデバラン人、ケンタウルス人、プレアデス人などが到来。
プレアデス人とシリウス人は、地球の重力場やグリッド、レイライン、ヴォルテックスとポータルシステム、次元向上の改善などに係わる。

巨大な爬虫類(恐竜)や、アンモナイト類などの動物、鳥類、銀杏やソテツなどの植物も移植され繁栄する。またクジラやイルカなども他の星から運ばれてくる。

シリウスBからやってきたイルカや鯨は、人間らの二元性の世界になる前から高度な知的存在として、自身のエネルギーラインを地球のグリッドなどに接続して地球のバランスを整えていました。

シリウスBからやってきた龍の姿をした龍蛇族は、当初はイルカに転生。

イルカや鯨は、海洋内部の複数のジョイント、渦巻き、ポータルを維持しているだけではなく、エネルギーに重要な影響を与え、またそれらを増幅しています。

シリウスBは、大洋を備えた水成の惑星であるため、イルカなどは海洋部分の莫大な領域の維持管理を促進させるという高度な適性を備えている。

ウミガメ、アシカ科の生物、そして実際に意識を備えたサンゴ礁なども、重要な役割を担っています。神の化身と言われる

イルカ達は、黄金のイルカ達として認識されており、シリウス系、プレアデス系、そしてアルクトゥルス系の存在達に囲まれて存在している。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る