《 ニビル惑星と金について 》《 ウランについて 》

LINEで送る
Pocket

《 ニビル惑星と金について 》

数十億年前、惑星ニビルは太陽系の惑星であったティアマトとぶつかり、ティアマトは真っ二つに引き裂かれ、その一つが金星と火星の間の軌道に飛ばされた現在の地球になり、もう半分は、粉々に打ち砕かれ、火星と木星の間にある小惑星帯(アステロイドベルト)となりました。

そのニビル星は、おおよそ43万年前に大気の異常に見舞われ、地表の熱を保つため大気の上空に、金の微細粉を拡散されました。ネフィルムたちは、地球に大量の金があることを探索で突き止め、地球の金を採掘することを計画。金の採掘は、とても過酷な労働のため考えられたのが、猿に遺伝子操作を行い金採掘ができる程度の知的生物を造り出すことを考えついたのです。

『太陽系創世、人類創造、神、宇宙人』については、
こちらのリンクへどうぞ

 

《 ウランについて 》

(独:Uran、新ラテン語:uranium)

ウランという名称は、同時期に発見された天王星 (Uranus) の名に由来。
ウランの放射性同位元素が分解(半減)するプロセスと、人間の感情(アストラル)体が『カルマ』をとおして分解(浄化)するプロセスは類似点も多く、共生の関係です。

私たちは、『契約の箱』について、もう少し情報を整理して解読する必要があるかと思います。

記載するお時間が取れましたら、載せれればと思っております。

 

現代人は、情報量、環境汚染、電磁波、磁場の乱れから、ストレスフルになり易く、酸性に傾きやすい体質になってきております。

酸性に傾く時は、睡眠時間が少なくっていたり、呼吸が浅くなっていたり、食べものもジャンクフードや肉食に傾きやすくなっていたりします。そして、過剰になると生活習慣が大きく乱れ悪循環スパイラルになります。

そんな時、自分にとって丁度良いpHバランスを保つことは、とても大切となります。ので、意識的に良い睡眠、良い食事、良い生活習慣を心掛けてください。

人間は、カルマや低振動の感情エネルギーを手放し、輪廻を超えたその瞬間から、人間と共生関係にあるものとの関係性に進化が起こり、可視化領域(電磁波)の拡張、DNA修復と稼働領域拡張、光子・量子領域における躍進的な進化を起こす変換が起こります。

 

LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る