中生代(約2.5億前~約6500万年前)

LINEで送る
Pocket

ここに記載する情報は、ものすごい忘れっぽい自分へのメモ書き用としてアップするものです。後ほどになり情報誤認があると判断した場合は、その度に修正します。


中生代(約2.5億前~約6500万年前)

2.5億年前:

ローレンシア大陸、バルティカ大陸、シベリア大陸などすべての大陸が次々と衝突したことによってパンゲア大陸が誕生した。

生物の大量絶滅(ペルム紀)。
地球史の中で何度か生じた生物の大量絶滅の中で最大とされる。海生生物のうちの95 – 96%、全ての生物種で見ても90% ~ 95%が絶滅したとされる。 

南極大陸に隕石が衝突し、大きさ約480kmのウィルクスランド・クレーターが出来る。

2.2億年前:生物の大量絶滅(三畳紀末)。

カナダ ケベック州に巨大隕石(約3.5km)が落下し直径約100kmのマニクアガン・クレーターを作り、大気上層まで影響。

1.8億年前:

北はローラシア大陸、南はゴンドワナ大陸へと分裂し、ゴンドワナ大陸はその後、西ゴンドワナ大陸と東ゴンドワナ大陸へと分裂する。

1.5億年前:始祖鳥の出現。

太陽系第5惑星マルドゥクは、とうとう核を使った争いにまで発展し惑星諸共破壊してしまいました。
現在、火星と木星の間にある小惑星群(アステロイドベルト)は、マルドゥクの残骸と言われます。

マルドゥク惑星が大爆発し崩壊する前に、火星に移住しましたが、火星や火星の火山も大爆発を起こり、沢山の人が亡くなりました。

この後、火星ではマルドゥク人遺伝子操作の研究もされました。

その破片は地球へ飛来しました。火星からも地球 現在のゴビ砂漠(モンゴル)、インド北部、シュメール、その他のアジア地域に入植。

1.4億年前:

白亜紀 西ゴンドワナ大陸はアフリカ大陸と南アメリカ大陸に分裂し、大西洋が成立した。
東ゴンドワナ大陸は、インド亜大陸及びマダガスカル島と、南極大陸。及びオーストラリア大陸に分裂。

1.42年前:

オーストラリア北部に隕石が衝突し、直径22kmのゴッシズ・ブラフ・クレーターが出来る。
その後の単孔類の生き残りや、有袋類の独自進化していく。

1億年前:恐竜の全盛時代。

ユーラシア大陸にインド大陸が衝突し、エベレストの形成が始まる。
カナダのサスカチュワン州に巨大隕石が衝突し、直径13kmのディープ・ベイという湖が出来る。

8200万年前:

アメリカ アラバマ州北部の浅海に隕石(約335m)が衝突し、約8kmのウェタンカ・クレーターが出来る。

6700万年前:

地球にいたリラ人とベガ人は霊長類創造の遺伝子操作のプログラムを開始。

リラ人とベガ人は時間が経つにつれ、この自由意志の物理的な宇宙で過ごした時間が増え、それにつれて自分達の起源を忘れる傾向があったが、時間とともに思い出した。彼らのこの宇宙での目的は、この現実世界での生を体験し、その経験を魂の源に戻し、存在のすべてと一緒にいるのか、それとも転生して別の人生を続けるのかであった。

リラ人は、地球に色々な動植物の生きた図書館のように計画し、遺伝子工学を盛んに行う。
地球外から植物の種を運び込み、地球の首都かけ合わせたりしながら、多種の植物や野菜、薬草なども作る。

6550万年前:霊長類の先祖が北米でプレシアダピス類プルガトリウスが出現。アダピス類とも…

メキシコのユカタン半島に小惑星が衝突し、直径約160kmのチクシュルーブ・クレーターが出来る。
生物の大量絶滅(白亜紀末)。この頃、恐竜が絶滅。アンモナイトも絶滅。

6500万年前:

急速な寒冷化により生物や恐竜の大量絶滅に代わり、原始霊長類・哺乳類の出現。

新生代以降、ただいま編集中。

LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る