最近のブーム《 重曹編 》

LINEで送る
Pocket

重曹私ったら、最近ますます重曹を楽しんでおりますぅ~❤

お洗濯や掃除:汚れに応じて、ペースト状にしたり、希釈したりして使用。
 臭いを脱臭する力も相当なので、重曹さんを振りまいて次の日にお掃除機で吸い取っておしまい。
 先日、車の中で、きびちゃんにおしっこをされてしまいましたので、そんなとき便利な方法を書き留めておきますぅ!
 おしっこをしたところの水分を軽く拭き取り、その場所にたっぷり重曹をまぶして、重曹が十分に乾いたら、掃除機かなんかできれいに取り除きましょ!

お料理:お野菜のあく抜きに、お湯を沸かした際に重曹さんを小さじ半分程度入れてから茹でる。
 お魚のぬめりや臭み取りに、重曹を適当にフリフリしてモミモミして洗う。

この辺は、重曹の使い方の王道ですよね。

重曹って、天然鉱石を精製したものと、石油系化学合成物質のものがあるそうです。

炭酸水素ナトリウムとも、重炭酸ソーダとも言われ、化学式 NaHCO3。加熱すると、炭酸ナトリウム、二酸化炭素、水の三つの物質に分解します。常温、常圧でも、空気中の水分で少しずつ分解していくそうですよ。

ちなみに、我が家で使用しているものは、画像のものですので、比較的手に入りやすいコロラド州産のナトロン鉱物を精製したものです。
正直、あんまりこだわってないです(^o^) 

《 最近のマイブームな使い方 》  

CoconutVinegar以前もそうだったのですが、海外から帰って来ると、なぜかこれをしたくなるの!

重曹に、麻炭を混ぜたり、EM菌や水を足してペースト状にしたりして、髪の毛や全身、歯磨き、耳の中まで洗いたくなるの。

お風呂にも入れちゃうの。ついでに言うと、時より海塩を入れて入ってみたり、、、ツルツルで良い感じになるよ。

なぜだか全身、重曹まみれ…(;´∀`)

どうやら私ったら、海外から帰って来ると微量の化学物質や放射性物質の影響があるのか、それらに対しての対策のひとつとしてやっている臭がプンプンする(;´∀`)
それと、体内をアルカリ性環境にしたいのかも?!

暫く使用していると、
化学物質の影響を受けている髪の毛さん、軋み対策として
少量のビネガー使用や、時より極少量のリンスを使用しておりますが、まぁまぁ~良い感じ♪

私は、天然パーマの剛毛、毛量多い人なので、日頃、まとまりにくくとっても困っておりますが、ここ数日はビックリするくらい良い感じの日が続いております。

季節ってのもあると思いますが、皮膚も良い感じに潤ってるし、気やエーテルフィールドは、アク抜きでもしたように心なしかクリアに見えるし、いまのところ良い塩梅です。

連続使用が良いか悪いかまだ分からないのですが、もうちょっと体験していこうかと思います。

合成界面活性剤入りソープや石鹸類が超苦手なので、此の儘卒業できたら良いなぁ~❤ 

一様書いて置きますが、
これを読んでやってみようと思った方、心臓や腎臓疾患、高血圧の方は、医師に相談したりしてからお願いします。
それと、皮膚や髪の状態を十分確認しながら、慎重に進めてくださいね。
 

化粧水は、玄米酵母水と、納豆菌水です♪ Dr.Hauschkaのリップクリームも時より使用。

《 追記 》 

「重曹は、癌に効くんですよね!」とか、「良いんですよね!」とか言われますので、少し追記させて頂きます。

癌患者さんが、重曹(炭酸水素ナトリウム)水などにして適量飲用することにより、癌細胞が好む『酸性の体内環境』から、癌が好まない、成長できない『アルカリ性の体内環境』へ急速に戻り、癌の進行に何らかの好転を起こすことが考えられるかと思います。

癌患者の体内は、老廃物やAGEなどもたくさん有り、酸性化していて、癌自体も『乳酸アシドーシス化』しておりますので、アルカリ性の体内環境となることで、癌の改善に何らかの貢献をしてくれるかと思いますが、

「重曹が癌を良くする!」とか、「治します」と言い切るのは、一寸違うように感じます。

癌になるには、社会や家庭の環境、体内環境諸々、心身のストレス、過不足などが深く関与しています。

・ 一時的な強いショック
・ 両親や兄弟姉妹、愛する人の死や別れ
・ 社会、会社、家庭内でのストレス
・ 怒りや悲しみから癒やされぬ思い
・ 遺伝的な影響
・ 食べものや飲みものからの過剰・不足、ストレス
・ 環境、化学物質などからの過剰・不足、ストレス
・ カルマの影響

などなど、多くの原因が複合的に関わり、発病していくものかと思います。

心身の環境を見直したり改善したりしませんとなりませんね。

先ず、食べものや飲みものなどの改善が必要です。
例えば、ミトコンドリアの代謝不良を改善のために、玄米や豚肉、ウナギ、発酵食品などに多く含まれるビタミンB1の摂取なども考えなければなりません。が、先ほどから書いておりますように、癌化した体内は酸性化しておりますので、お肉類を摂取することで、体内をより酸性化してしまうことも考えられますので、お肉類の摂取には慎重になる必要があります。

ビタミンB1は、糖質を分解してエネルギーに変える補酵素のこと。最近では、コンビニなどで気軽に買える甘い清涼飲料水などの大量摂取により、潜在的なビタミンB1欠乏症の方もいます。

そして、体内の重金属も含めたデトックスが早急に必要か思います。
癌細胞は、もともと体内の過剰な毒素を食べることが使命なのです。癌細胞が過剰にあるということは、イコール その身体にとって過剰に毒素が蔓延っているともいえますので、早急なデトックスの必要があるかと思います。

どうやら、私たちの長い歴史は、足し算の経済、社会が繁栄をもたらしてきたように思います。が、これからは、引き算の経済、社会も必要な時が来ているように思います。

LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る