マンガ版ツァラトゥストラはかく語り第2章01 ニヒリズムと末人

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2109年01月19日 スターシードの呪縛からの開放???
2109年01月20日 昨日の続き「神は死んだ!」
マンガ版ツァラトゥストラはかく語りき第1章 神は死んだ

…のつづき
第2章 - ニヒリズムと末人 -
1ヶ月後 強豪 荒鷹FCとの練習試合  

チーム仲間:カツキ 止めろっ
カツキー行けーっ!
がんばれー!!
奪った!
カツキ:ユウスケ!! ユウスケいけっ
チーム仲間:すかっ
チーム仲間:あぁ~せっかくのチャンスが~~~
相手チームの声:よしっ こっちだ!!
チーム仲間:また奪ったー! ワー ワー
カツキ母:カツキ!!
チームの仲間:すごいね~
チーム仲間の母:ほとんどカツキくんが止めてるんじゃない!
カツキくんてフォワードじゃなかったの?
なんか自分からディフェンスやりたいって言いだしたらしいよ
ピピーッ 試合終了!
チーム仲間:よっしゃーっ!!
すげーっあの荒鷹に引き分けたぞーーーっ!
チーム監督:今日はみんなよく頑張った!特にカツキ!!
相手のフォワードは県選抜にも選ばれた摂取だ! よく止めたぞ!
チーム仲間:イエーイ よく引き分けたよなーカツキ サイコー!
あの荒鷹に負けなかったって…スゲーよ 俺たち!
カツキ母:よく頑張ったわね
カツキ:スゴかったでしょ!
カツキ母:でもママは勝ち負けよりも
カツキがチームのみんなと仲良くなれたことがうれしいかな!
カツキ:え? オレ そんなにアイツらと仲悪かった?
サツキ母:前は怒ってばっかりだったじゃない?
カツキ:・・・そーだっけ?
サツキの心の声:ま しょうがないよな 
ヘタだけど悪いやつじゃないし・・・・・・
カツキ母:カツキ! 教会によって帰りましょ!
カツキ:教会…
カツキの心の声:おじさん 今日もいなかったな…
カツキ:あっ開いた!
あれから一度も会ってないけど…
ホントにここに住んでるのかな?
おじさんいますかぁ~?
ちょっと報告があるんですけど~~~。。。
しーん  カチャカチャ 鍵が開いてる?!
カツキ:おじさ~~~ん
謎の老人ツァラトゥストラ:誰だ? なんだ君か
カツキ:おじさんよーゆー出かたカンベンして・・・・・・
・・・中略。
謎の老人ツァラトゥストラ:それが…君が祈らずに考えた結果なのか?
カツキ:えっ・・・
謎の老人ツァラトゥストラ:引き分けがうれしいの?
サッカーは勝つためにやるものじゃなかったのか?
カツキ:だっだってしょうがないよ…負けるよりいいじゃん
謎の老人ツァラトゥストラ:だな・・・
コーチやお母さんにホメられ チームメイトとも仲良しこよしになりました・・・と
で・・・満足したのか?
カツキ:そ・・・そりゃあ満足してはいないけど・・・
まあまあ・・・かな・・・
謎の老人ツァラトゥストラ:『まあまあ』か・・・・・・
実は「ずっとこのままでもいいや」・・・って思っているんじゃないか?
カツキの心の声:ドキッ!
謎の老人ツァラトゥストラ:ジュースを飲んだら帰りなさい。
カツキ:ちょっと待ってよ おじさん!
オレ考えたんだよっ神様に祈らず
自分で考えたんだっ!
オレがディフェンスに下がれば相手は点を取れないっ!
だから負けないって!
それのどこがいけないの?!
謎の老人ツァラトゥストラ:おれは「まあまあ」でうまくやろうとする人間に興味がない
かつての君は孤独だった
力のないチームで一人勝利を目指していた。
1人で重荷を背負い 
砂漠の道をどこまでも歩くラクダのようだったーーー ところが今は力への意志を忘れ勝利の欲求を捨て… 
『末人』の群れに埋もれようとしている。
・・・がっかりだな
カツキ:まっ待ってよっ!
ねえっわけわかんないよっ!
『マツジン』ってなに?! おじさんてばっ!
待ってよっ!
消えた?!
!!
---って・・・・・・
地下室?! まっくら・・・
くそ~~~っ
おじさんっ 待ってよっ!
・・・つづく
マンガ版ツァラトゥストラはかく語り第2章02 ニヒリズムと末人

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る