身体と心のデトックスと変容促進について メモ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

最近、お年頃を常に感じるので、身体を労わろう、気づかおう!って思うの。
自覚は薄いのですが(;´∀`)、私ったらもの凄い偏食らしい( ̄▽ ̄;)

糖質について忘れちゃうので、自分のために一寸メモメモφ(..) 

糖質の多い食事:
血糖値が上昇してインシュリン分泌される。余った糖質は、脂肪に代わり貯蔵されます。インシュリンは中性脂肪を溜め込む。結果的に脂肪が増えて肥満へGo〜!

糖質の少ない食事:
身体を動かすエネルギーである糖質の摂取がオフされると、体内の脂肪が分解しながら代謝される。
中性脂肪が分解されると、体内のグルカゴンが分泌されてケトン体っていう脂肪酸に一部変化する。
断食時に、ケトン体が出たとか出ないとかの目安にしているアレね!
そのケトン体って脳や心臓、筋肉に働くエネルギーらしいの。

時々、これらを気にしていないと身体の内側が粘着くというか、毒素が溜まって来てるな!って思うことがあるので、炭水化物や糖質類の過剰摂取は止めよう!って思う今日この頃(;´∀`)

人によって、いま必要なものって違うと思うのですが、私は、特に身体や心を酷使し過ぎている時に、炭水化物や甘いもの摂取に気づかいながら、

良いのか悪いのか、まだきちんと答えが出ていないんだけど、ミネラルやマグネシウム、ビタミンCの摂取を積極的に心掛けていたりするの。すると、ご機嫌が楽になったり、視界が楽になったり、心臓が楽になったり、筋肉が楽になったりするの。

身体の内側全体が軽やかに楽になったぁ!って思うことがあるの。

お役に立てたら幸いです。

【 追伸 】

記事記載で改めて調べてみると

※ マグネシウム:身体の電解質バランスをとりエネルギー代謝を調整してくれることから、疲労回復の手助け!になるんだそうです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る