ライトワーカーとしての意識体

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ライトボディは、アバターとかいう言い方もされているかと思います。

そう言えば、『アバター』っていう映画の続編が2020年12月にアメリカで公開されているらしいです。
そのあとも続編は2021年、2024年、2025年に封切られる予定なんですって、ビックリ!

ジェームズ・キャメロン監督さんたら、すごいぃー😲
私は先日『アビス』という映画をホントに偶然に観たのです。っていうか、もう一人の自分か何者かが強制的に観せた?と思うぐらいな出来事があったのですが、長くなるので端折ります(;^ω^)

映画アビスの中で描かれていた地底人となった宇宙人アビスの地下世界と、私の中で呼吸を切り替えると起こるライトボディ越しに映る地下都市がちょっぴり似ていたのでビックリしたのです。私が見ている景色はもっともっと美しい色の世界なんですが、物質世界の可視領域に当てはめるとこんな感じかなぁー!っていうものです。

この作品ってキャメロン監督さんが学生の頃に書き留めた短編のものが原作と言いますが、ホントかしら?って思っちゃうのは私だけ?
まぁーその話はその辺でおしまいにして(笑) 

ライトボディとは光の意識体ですが、肉体のような物質的なものでは無いため、三次元の物質意識の中ではなかなか認識しづらいです。が、
昨日描かせて頂きました『すっかりと密度の変わった地球』の第4密度(5次元)の光の意識越しに意識すると、繋がりやすく感受しやすくなります。インスピレーションや異次元世界を感じる領域も、ものすごく広く深く拾い込むことが可能となります。

肉体を持った人間の意識体と、ライトボディ(光の意識体)越しの第4密度の重複活動、どちらも目まぐるしく昨今ちょっと疲れ気味な私です。 

光の意識体を意識するコツは、、、うぅー
私の場合は、肉体も意識もゆるめて丹田呼吸に合わせて、そのままスゥ―っと自分の内側に降りていく感じです。 
あぁーそうそう、昔々流行ったユリ・ゲラー氏のスプーン曲げの要領で!って言うと余計に混乱するぅー!って言われるかしら(;^ω^)

大天使ミカエルさんは、今回の変化変容の流れに多大なる貢献をして下さっています。特に人間経験があることからか地球人の心や身体、魂の微細な変化にまで配慮をしたサポートをしてくれます。
光の意識体への変成の際にも、丹田呼吸に合わせて意識変成する前に、心の中で大天使ミカエルさんを呼んでサポートして頂くと安全に自分らしい光の世界と繋がりやすくなります。

光の意識体になるコツや役割などについての詳しいお話はとても書ききれないので、ワークショップとかをさせて頂くと良いのかなぁー!と思っておりますので、後日リクエストをいただきながらの企画とさせて頂きます。

最後にもう一言。
耳元で聞こえる存在には十分に気を付けくださいね。
知らぬ間に自分の中のネガティブ意識(優劣など)と繋がり低次な経験になることもあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る