アダム・ガドモン、アントロポスとは…

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

トークイベント中や講習中に「アダム・ガドモンってどういう意味ですか?」とか、「アントロポスってどういう意味ですか?」って質問頂くので、ここに簡易的に記載しておきますね♪

聖霊(spirit)が鳩のかたちをとって降ったとされる聖書の記述(マタイによる福音書3章16節など)を基に作られたステンドグラス(サン・ピエトロ大聖堂内、1660年ごろ制作)。

アダム・カドモンとは、
原始の人間、また超越者とも。神が創造した精神的にも完璧な人間の原型。

旧約聖書創世記』の中で、天地創造あとに最初の人間と記されるアダムとイヴ
旧約聖書創世記』第4章に登場する兄弟で人類最初の殺人、加害者と被害者となったカインとアベルは、

まだ未統合・分離状態のアダム・カドモン。

アダム・カドモン がある程度完成すると
アントロポス(ギリシャ語では人類。原人間)=『聖なる巨人』。

旧約聖書では神が泥をこねて人間を作られたと記述されております。

旧約聖書『創世記』第3章の挿話では、最初の人間とされるアダムとイブは蛇に唆されて神の禁を破り知恵の樹の実を食べて失楽したと表現されており未統合状態。
霊魂は、本来崇高なるものとして至高神に等しい『原人間』として現わされます。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る