最近必要に迫られてるよなぁ~って思うこと。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ここ数年、地球は時空を超えた領域へと進化が目覚ましい、いやいや、少しずつ定着化してきている気がします。

2018年9月4日、私にしてはとても珍しく記憶に残る出来事がありました。
家族の心配事がありましたためですが、、、

そんな折、強い勢力をもつ台風が通過する最中に和歌山県橋本から山梨県南アルプスの当時の自宅まで443㎞走り抜けておりました。
車中のテレビからは名神だったかどこだったか詳細を忘れてしまいましたが、「高波と横風によりトラックが横転しております!」って流れて来ていたその時、私はその道路を走っていたのです。
私の運転する車の外は少しばかりの風が吹く程度。
時計を見ても、テレビの生中継と同じ時刻…なぜに?と思いながら心配事の方が気になり車を走らせておりました。

宇宙人遊びの画像(笑)

しかし、改めて車中から外を見てみると、小さいころに電柱を通り抜けて遊んでいたときと同じ、あの時空や物質を超えるときの空気感、スローテンポな流動を感じる高周波領域の独特な雰囲気。

最近、これを頻繁に感じるとまでは言いませんが、以前より断然多く感じるようになってきました。

因みに、その時、和歌山県橋本から南アルプスまでは4時間弱で帰宅したんだと思います。そのことをネタにしたいわけではありませんので端折りますね。

私の感受している感覚では、時空を超えた領域へと進化した地球、つまり高次元、高周波領域の場となる地上世界では、この身体のままだと肉体の維持は困難かと思うのです。

前にも何度か記載した気がしますが、、、
元素要素を全て吸収しきった高密度な身体へと変容しない限り、身体を構成している電子や原子、分子が分離してしまい、生きものとしては存続出来ないだろうなぁ~って思っております。

この先の未来、みなさんは どう変化していくと思います?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る