MAGRAVS(フリーエネルギー)装置作りWS開催について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

MAGRAVS(フリーエネルギー)装置 作りWS開催について

MAGRAVS装置0414私が、長年趣味として楽しんております重力場(プラズマ調整)装置としての活用品として、みなさまと楽しみたいと思っております。

イタリアのケッシュ財団が公開しているブループリントをもとにWSを展開している気波さんをお呼びし、製作ワークショップをさせて頂きます。

RainbowGate開催では、銅コイルをナノコーディング、GANS(ガンズ)コーティングする過程で、オリジナルを加えて行くことを前提として開催予定です。

尚、このコーティングされた銅コイルは、ワークショップ(WS)の際に、こちらで ご用意させて頂く材料のひとつです。

Magravs(フリーエネルギー)装置作りWSでは、装置を作る一部を行いながら、組み立てて完成させていきます。

装置をお家にお持ち帰りしたあと、
装置と室内の調整のために、下記のような慣らし運転が必要となります。

・通電のみ 3日間 
・負荷20W以下 4日間 

・負荷100W以下 3日間 
・600W断続通電 7日間 
・抵抗負荷 500W~2000Wまで拡大 3日間 

通算20日以上の慣らし運転が必要となります。 

装置と室内慣らし運転中の必要品(我が家編)
・検電ドライバー
・ワットメーター
・エコチェッカー
・温度計
・白熱電球 20W 
 フィラメントの輝きが、良いんだよねぇ~♪ 
 40Wや60Wなんですが、エジソンバルブが載っているショップサイトを見つけたので、参考リンクを張っておきます。
・ソケット
・LED50Wライト 2個
 これは、一寸違うことにも使いたかったので、LEDを買いました。
 基本的には、『エコ』と言われようが、LEDを家の中で過剰に使用したくないと思っております。

下記の画像は、2016年04月25日 慣らし運転10日目。

MAGRAVS装置042501

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る