玄米酵母水の作り方&飲み比べ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

◆ 玄米酵母水

《 材料 》

・ 無農薬玄米:20g (水の10%)
・ 天然水:200cc
・ 天然粗塩:7g(3.5%)
・ さらさらな黒砂糖:65g (32.4%)
・ ペットボトル内部には、空気 3分の1程度。

※ 材料は、其々流通してくる際、エネルギーや邪気、思いが乗って来ますので、個々の方法、または感謝のエネルギーで浄化してくださいね♪

 《 作り方 》

1. 材料全て入れて、混ぜる。
2. 35〜45℃で、20時間発酵。
  確認は、泡が少し立ってきたり、底に泡状のものが溜まっていたりします。
     ペットボトルに耳を近づけ、蓋を緩めエア抜けすれば、OK。
3. 玄米は、ザルにあけて、玄米は冷凍庫へ!
  再利用可能ですが、お米の粉が出てきたら、止める。
4. 原液を13倍に薄めて、35〜45℃で20〜24時間。
  塩止めをするときは、ここで11%のお塩を入れる。
5. 薄めた原液に薄めた同量の水を入れて、1時間。

例)230g原液には、3リットル(13倍)のミネラルウォーター入れ、35〜45℃で24時間。
そして、また3リットルのミネラルウォーターを入れて、35〜45℃で1時間。
計6,230リットルの玄米発酵水の出来上がり♪

 最後、発酵止めに塩25g(11%)を入れます。入れなくても良いです。

 

《 画像 》

右側、甘露泉水『リシリア』
味:一寸酸味がある軽やかな味わい。

真ん中、神野々『金水』
味:まろやかで、美味しいお味。エネルギーへの変換が速く、上に真っ直ぐに上がる。

左側:『金水』7割、『月のしずく』3割。
味:金水だけのものより若干、味にもしっかり硬さがある。 

《 感想 》

3つの飲み比べの中、金水は、エネルギーがスッと上に上がるのも速く、飲んだ際のエネルギー変換も早く吃驚しました。
しっかし、どれも 体と心に閉ざしているものを自分のマックスペースで開いていきますね♪

ただ今、石川県の無農薬コシヒカリ玄米で酵母液を仕込み中。後日、無農薬の赤米、黒米、緑米で仕込み、飲み比べ予定。

Yeast0907New

 

納豆菌水の作り方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページ上部へ戻る